商品紹介

「うま味」ってなに?

「うま味」って、皆さんももう当たり前のように使う言葉ですよね。でも「発見」されたのは、実は明治時代も終わりの頃だということ、ご存知でしたか?発見者は東京帝国大学の池田菊苗博士。「だしにこんぶを使うと、なぜ料理がおいしくなるのか?」という謎を解明する過程で、こんぶのだしのおいしさの正体「グルタミン酸」を発見。これを「うま味」と名づけたのがはじまりでした。その後、かつおぶしに含まれている「イノシン酸」、しいたけのうま味「グアニル酸」も、別の科学者たちによって発見されていきます。普段から使っている「うま味」という言葉、実は科学の力で発見された新しい味覚なんですね。

「いの一番」はうま味のかけ算!

「グルタミン酸」「イノシン酸」「グアニル酸」、3つの代表的なうま味成分を合わせると、相乗効果でおいしさが飛躍的に増します。つまり、うま味の「かけ算」ですね。この3つのうま味成分を、うまくブレンドすることで生まれたのが「いの一番」。こんぶ、かつおぶし、しいたけの絶妙のハーモニーは、発売以来、長~く愛され続けてきました。サッとひと振りするだけで、家庭の味に厚みやコクをプラスできる理由はここにあるんです。

うま味調味料「いの一番」ここがポイント!!

半世紀以上愛される理由

「いの一番」が世の中に誕生したのは昭和36年のこと。以来、半世紀以上にわたりロングセラー調味料として、世代を超え愛されてきました。それには、確かな理由があります。何よりおいしいこと、それがいちばんの理由でしょう。しかし、それだけではありません。「いの一番」のこんなポイントも「愛され調味料」たる所以です。

1. どんな食材、どんな料理にもよく合う!なじむ!
和食でも洋食でも中華でも、どんなメニューにも使いやすいところも、「いの一番」が支持されてきたポイント。いの一番の顆粒は、無色・無臭でサッと溶けやすく、余計な色も香りもつきにくいのです。さらに、長い時間煮てもうま味が損なわれたり味が変わったりしにくいから、煮込み料理にもぴったりです。
2. 厳選された原料と安定した品質。だからいつでも!
「いの一番」は、さとうきびやとうもろこしなどからとれる糖蜜やデンプンを原料としています。さらに、長い間保存しても品質が安定しているため味が変わりません。「いの一番」には「賞味期限」の表示がないことをご存知ですか?つまり、それぐらい品質が安定しているということなんです。

豊かな暮らしとともに「いの一番」History

商品紹介

よくあるご質問

商品紹介

よくあるご質問